ハワイの三日目はほとんど寝れなかった朝を迎えてやってきた。夜中の間、眠れずにいる中、体の中で食べ物の消化が進んでいることは実感でき、消化不良でガスが...朝方、おならで嫁さんを起こしてしまった・・・

この日の朝食は、かねてから嫁さんがおいしいパンケーキ屋さんに行きたい、とのことで、ホテルからほど近い場所にあるパンケーキ屋さんで朝食。1Fに受付があって2Fにテーブルがいくつもある部屋がが。そもそも1Fが受付だけのスペースがあるなんてユニーク。2Fのスペースは結構広い。日本にも知られたパンケーキ屋さんとのことで、日本人も結構、来ているようだ。

メニューを見てもよくわからないので、自分はスクランブルエッグとソーセージとパンに。子供らはパンケーキなど。注文した食べ物がくると、その量の多さにびっくり。朝からこんなに食べれるか、という程の量のスクランブルエッグにソーセージ。ただ、味はよかった。

ホテルに帰る道にお菓子屋さんがあり、子供たちはそこでプラスチックケースにお菓子詰め放題(長男)、ソフトクリーム(次男と長女)を買ってもらう。

ちなみにこの日の朝、嫁さんの弟夫婦は朝からサーフィンへ。相変わらず元気だ。

またこの日は東京から嫁さんの妹夫婦も合流し、みんなで午後からマノアの滝がある、マノア・フォールズ・トレイルに行くことにしていた。嫁さんがハワイに来て、自然を感じられるところに、という希望を出したところ、義妹(嫁さんの弟の奥さん)が気を使って色々調べ、プランニングしてくれたのだ。ホノルルの街からバスで30分ほどの場所で行けるのだからすごい。

バスで乗り換えて目的の場所へ移動。その移動の途中、嫁さんはバスの中で隣に座っていた婦人に声をかけられ、英語でおしゃべり。嫁さんは過去、英国で留学経験があるのだが、これだけブランクがあってもしゃべれるのは正直すごいなと感じる。嫁さん兄弟は皆、英語が喋れるが、みんな留学経験がある。まざまざと英会話力を見せつけられたが、うらやましくもあった。

バスで移動中、オバマ前大統領が通っていたというハワイ大学を通った(嫁さんに声をかけた婦人が教えてくれた)。そして目的の場所に。バスの移動中、長女を抱っこしながら移動していたのだが、揺られている間におねむに。用意していた抱っこ紐を取り出し、抱っこしながらトレッキング開始。

トレッキングの入口付近で全員集合写真を女性の方に撮ってもらったのだが、アロハ―とかわいらしく声をかけられ、写真を撮ってもらった。結構、若い人や子連れも来ている。長男は最初、全く乗り気でなかったが、自分が長女を抱っこするので一眼レフのカメラを渡し、自分の代わりに上手に撮ってくれ、と頼むとやる気に。

そこからは長男、次男が率先して先頭を引っ張ってどんどん進んでいく。マノア・フォールズ・トレイルはまさにジャングルを縦走するかのような感じで日本とは全く異なる植物がたくさん見られる。少し地面は湿って歩きにくい箇所もあるのだが、見える景色は格別。昔、西表島を縦走した時も珍しい植物や生き物を見た記憶があるが、ここも珍しい植物のオンパレード。

もう少しで滝にたどり着く、といった場所で長女が目を覚ます。ばっちりのタイミングだ。長女はすっきりとした表情で自分の足で歩き始める。険しい場所もあったが、足を大きく上げてよいっしょ、と声を出しながら、みんなに励まされて無事に滝まで到着。

だいぶ、遅れた到着したので、さっと滝の景色を眺め、写真を撮り、降りることに。帰りのバスの到着時刻に間に合わなくなるため、急がなければならないのだ。

下りの方が転ばないように気を使わなければならないので、長女は完全抱っこで下る。どんどん下ってなんとかギリギリバスに間に合う。バスからホテルの帰路、トランプインターナショナルホテルがあったので記念に長男とパシャリ。

昼食を食べていなかったので小腹がすいていたので、ホテルの中にあるスターバックスでドーナッツを買ってホテル内で食事。義父母の部屋で子供らはベッドを完全にトランポリン化して遊びまくる…恐縮だ。。。

そしてこの日の夜は嫁さんの妹さんが事前に予約してくれた屋上(名前は忘れた)でのディナー。なんとハワイのビーチをかなり高いビルの屋上から眺めながら食事。なんとセレブな・・

みんなで写真を取り合ったりしながら乾杯。子供たちも大はしゃぎ。途中、ぱらっと雨が降ったおかげで虹も見ることができた。嫁さんの弟夫婦、妹夫婦もきれいに着飾ってきているが、自分たちは適当だ。音楽が流れているのを聴きながら、初めはBGMだと思ったら、実は生演奏。結構上手だ。ハワイの夕景色を眺め、今度はヒルトンの花火を見にホテル近くの砂浜まで移動。嫁んさんの妹夫婦は今日、東京から移動で飛行機で一睡もできなかったようで、花火は断念。。。

長女が寝てしまって再び抱っこしながら砂浜まで移動し、ビーチで毎週金曜日の恒例というヒルトンの花火を見学。淀川の花火に比べたらたいしたことはないかもしれないが、毎週、というのとビーチで見る花火ということで格別だ。

満足してホテルに戻る。この日の夜はコインランドリーで嫁さんが服を洗濯しに行ったのだが、トラブルで大変だったようだ。何やらお金を入れても動かなかったりして、受付を呼び出したりしたようだ。その間に子供たちを寝かせるが中々寝ない。

部屋には2つのベッドしかなく、大人と子供セットで1つのベッドに寝る。ベッドの高さが高いので、子供が落ちやしないかヒヤヒヤなのと、子供の寝相が悪いのが相まって気になっておちおち寝れない。。だけど前日、ほとんど眠れなかったのでこの日は熟睡できた。