会社でいつも生命保険会社のお姉さんからもらうチラシがある。私はこの保険会社には加入していないが、たまたま受け取ったチラシの内容に深みがあり、読んでいて身になりそうな内容であったので、毎日、お姉さんがいて、渡して来たら受け取るようにしている。

その中で先日もらったチラシにかみ合わない男女の話がかかれていた。

・男性はゴールから語り、女性はスタートから語り始める。
・男性は答えを決めてから話し、女性は話しながら答えを見つける。
・男性は聞かれるまで話したがらなくて、女性は自分から話したがる。
・男性は言葉のまま受け取り女性は気持ちを読み取って欲しい。

まさにこれ、つい先日、しょうもない事で妻と口論になった時にかみ合わなかった夫婦の状況そのものをズバリ言い当てていると思う。

頭が冴えない時等は心に余裕がなくなり、ついつい相手を察する気持ちが疎かになり、論理的になっていない相手の会話や言葉尻を責めたり、揚げ足を取ったりしてしまう。

男女の会話における特性上の違いでかみ合わない事が起こることは理解できる。普段の生活からこれを意識し、相手を尊重するものの言い方に気を付けたい。