一昨年、昨日と愛媛の現場でひたすらボルトの締結する作業に追われた。

初め、規定トルクがM10サイズで250N・mといことなので、トルクレンチ🔧で締めるがボルトが回らない。通常だと100N・mでも計算上は大きいはずなので尋常でない。

おかげでキャップスクリューの頭を完全にナメてしまった…

後で取り外す事が出来たのでよかったが、個人的に反省であった。

ボルトの締め付けトルクの緩みと締め付けトルクと軸力の関係、密閉性に関しては理論と実践を学習しなければならないと痛感した…

こんな工具があるみたい

舐めた6角穴付ボルトを叩いてまわす