昨日は長男、次男が午前・午後とスキー教室に通い、長女はまだ早いのでホテルでゆっくりさていた。

自分は1人3時半までスキーを楽しむことができた。横倉ゲレンデから何度かリフトを乗り継ぐと景色が変わる。リフトに乗りながら周りの木を見ると面白い。木に被さる雪の量も増えていくと何か不思議な生き物の様にも見える。これが樹氷か…

上に上がれば人も少なくなるが、以外にも小さい小学生もいる。ただ吹雪いてきてスキーは大変だ。ゴーグルを付けると曇ってなのか雪が付着するからかわからないが、遠くが見えず距離感がつかめない。ゴーグルを着けないと目に雪粒が激しく当たって痛くて目をあけていられない。

ただ、意外にも高い場所で滑っていても横倉のカベ以外は滑りやすいところばかり。蔵王スキー場は広いし、雪質も最高にいい。

長男、次男もスキー教室が終ると寒さでほっぺたが真っ赤になっている。次男は一旦、ホテルに帰して長男と雪合戦と、最後の一滑りをしてホテルに戻る。

長男はスキー板を平行にして滑る事が出来るようになったし、次男もリフトから転ばずにボーゲンで滑る事ができるようになった。

成長を感じれて嬉しい限り…