非破壊検査

<概要>

非破壊検査とは、ものを壊さずに機械部品や構造物にある有害なきずを検出する技術である。
有害なきずとは、そのままにしておいた場合、部品や部材が破損したり破壊したりして事故や大きなトラブルの原因になる可能性があるきずのことである。
非破壊検査は、機械や構造物を健全に使い続け、財産と命を守ることが大きな目的のひとつである。部品や部材が耐えられる力には限界があり、その限界はきずの存在によって下がることが知られており、部品や部材が壊れる前に、壊さないように壊れるげんいんとなるようなきずを見つける技術が非破壊検査である。
<目的>
①信頼性確保
機械や構造物の信頼性を確保することである。信頼度という指標で数値で表すことができ、信頼度は使用期間中に製品がは破損することなしに所期の性能を満たす確率のことで
信頼度=(実際に稼働した時間)/期待された稼働時間
として計算できる。
②コスト削減
故障によって動かなかい期間があると、それによってコストがかかる。さらに故障によって動かない期間があると、それによってコストがかかる。さらに故障が事故に至った場合は、事故にかかわる直接の賠償以外に営業的損失も含め大きな支出が避けられない。事故に至る前に非破壊検査を実施することによって、故障や事故に伴う膨大な支出を削減できる。
③製造技術の改良
製造現場での非破壊検査は、適切な工程で実施して、不具合情報を前工程へフィードバックすることで、製造技術改良のきっかけを作ることができる。
目次
閉じる