探究と哲学

雄勁

[名・形動]力強いこと。書画・詩文などに、力がみなぎっていること。また、そのさま。「雄勁な筆跡」

<例文>
森鴎外の「即興詩人」も「渋江抽斎」も、内容は平凡なのに、文語の力強さだけで引っ張っていく。前者は典雅きわまりない文体、後者は恐らく明治の頃の普通文だが、ともに並外れた雄勁と吸引力を発している。・・・祖国とは国語(藤原正彦 著)

PAGETOP
Copyright © atsumachiのブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.