隻脚(せっきゃく)

片足。1本足。

<例文>
新井正明氏(住友生命名誉会長)は二十六歳のときに隻脚となった。昭和十四年八月二十日、いわゆるノモンハン事件で砲弾の破片をあび、右脚を付け根のところから切断したのである。・・・小さな人生論(藤尾秀昭著)

タイトルとURLをコピーしました