長女の明け方の夢

昨晩、同じベッドで6歳の長女と寝ていたのだが、途中が目が覚めるので隣のベッドに移って寝ていたのだが明け方、長女が、「パパこっちに来て!」と呼ばれたので、長女が寝ているベッドに移動。

もう7時くらいであったが、長女は再び眠りに。ふとすると長女が笑っている。

楽しい夢見ていたのだろう、と思い、その後、長女が目が覚め、朝食を食べている時、長女に夢見た?と聞いたら、長女が笑いながら、ママに今日、パパ帰ってくるの?と聞いたら、帰ってくるよ、っと聞いて時の夢を見た、とのこと。

単身赴任のパパを待ちわびてくれている長女に嬉しく感じる。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる