長女のこと

帰省して長女の横で一緒に寝る時、長女はだいたい1回、途中で目が覚めてパパがいることを確認する。

昨晩は狭い2段別途の1段部分でくっついて寝ていた。

寝返りして少し長女に当たった際、長女が急に目が覚め、パパがどこかに行くと思ったのかギュッとパジャマを掴んで「パパっ」と小さい声で叫ぶ。

どこにも行かないことがわかると安心して眠る。

以前は隣のベッドで眠っていたら「パパっ」と小さい声で叫んで、パパがいることを確認するとまた眠りに落ちた。

長女がパパを強く意識し始める3歳、4歳、5歳と濃密な時間を過ごしてきたが、6歳の長女もまたどんどん成長していく。

最近は髪を少し長くして少女らしくなってきた。ほとんど抱っこをせがむこともない。お兄ちゃんの真似をしたがり、一丁前にゲームやテレビのバラエティ、youtubeを見たがる。そしてよくお兄ちゃんらとけんかするが、怖気づいてしまうことはない。

今のままでいてほしいと思う気持ちと成長してほしいという気持ち、両方ある。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる