一般に共通してみられる弊害。「社会の通弊を排除する」

<例文>
表現を変えれば、プロは寝てもさめても考えている人である。起きている時間だけではない、寝ても夢の中にまで出てくる。それがプロである。少しは考えるが、すぐに他のことに気をとられて忘れてしまうのがアマの通弊である。・・・小さな人生論(藤尾秀昭著)