小さな点にこだわらない、広く全体を見通すような観点・視野。「大所高所から物事を判断する」

<例文>
日仏の3社連合を絶妙なかじ取りで成長させてきた辣腕経営者。仏ルノーのCEO(最高経営責任者)退任の噂がでただけで業界がざわついた。そんなカリスマ経営者がこれからの時代を生き抜く次の一手を語った。・・・日経ビジネス2018.3.12