考えや気持ちなどを、言葉や文章に表して述べること。「心情を表白する」
⇒ひょうびゃく(表白)

<例文>
ところが、父親がぼくのことをできそこないだと思っているように、ぼくも、ぼくはぼくだという気持ちもあって、父親が受け入れていないぼくを表白したい。ぼくはラジオの猥雑な音楽や、軽薄な若者の声をえらんでかける。・・・ぼくの猿 ぼくの猫(色川武大著)