進んで世に出て手腕を振るうことと、隠れて世に出ないこと。出処と進退
「―世に於いて軽し」〈太平記・一二〉

<例文>
勝海舟については、その江戸っ子らしい軽口と、維新後の身分について批判がありますが、本人は「批評は他人の主張、行蔵は我に存す」と言って動じなかったと伝えられています。・・・西郷南洲手抄言志録を読む(渡邉五郎三郎著)