イネ科多年草温帯および暖帯広く分布し、水辺自生する。地下長い根茎から高さ2メートル 以上に達する稈(かん)()を出し群生する。は二列に互生し、ササに似る。秋、ススキに似た大きな穂を出す。稈は簾(すだれ)やよしずにする。「あし」が「悪し」に通ずるのを忌んで、「よし」ともいう。ハマオギ[季] 秋。

<例文>
フランスの哲学者・パスカルは遺稿集『パンセ』のなかで、「人間は考える葦である」と説きました。「人間は、自然のなかでは最も弱い一本の葦と同じような存在である。しかし、考えることができる葦なのだ」といった意味です。・・・本物の思考力(出口治明 著)

タイトルとURLをコピーしました