土地が荒れて、雑草の茂るがままになっていること。「荒蕪地」「―せる丘陵の間」〈鴎外訳・即興詩人〉

<例文>
二宮尊徳は「あらゆる荒廃は人間の心の荒蕪から起こる」と言った。そして、心を荒れ放題にしないためには絶えず、心の田んぼ、つまり心田を耕さなければならないと説いた。・・・小さな人生論(藤尾秀昭著)