自分の言動を自分でいましめ慎むこと。「おごり高ぶらないように自戒する」

<例文>
南洲は担当役人の行為ある処遇を断って、厳しく自戒服役していたようです。・・・西郷南洲手抄言志録を読む(渡邉五郎三郎著)