気後れした顔つき。臆したようす。「臆面もなくしゃしゃり出る」

<例文>
しかも、並外れた破廉恥によって、だが、お客の単純さや無知とはぴったり調子を合わせて、これらの知見は、臆面もなく実地調査の記録として、さらには新しい発見としてさえ提示されるのである。・・・悲しき熱帯(レヴィ=ストロース)