耳鼻咽喉科

アーカイブ

昨日、恐らく20年ぶりかで耳鼻咽喉科に診察を受けに行った。

昨年から顎下、喉にかけてでき物や腫れが見られ、喉にも違和感もあり、正月の間は咳も止まらなくなったのだが、風邪の症状とは明らかに違ったので耳鼻咽喉科を選んだのだ。

病院で看護師さんから呼ばれ診察室に入り、症状を先生に一通り説明し、鼻からファイバースコープを入れ、目で見ながら鼻から喉に向けてカメラで見てみる。

先生の見解と喉は問題なく、むしろ鼻が詰まっており、鼻が喉に流れて違和感を感じるのだとのこと。昔に蓄膿症で手術した経験もあるので鼻があるのだが、その経験からも普段から鼻づまりに慣れてしまっているので気付かないのだろうとのこと。

喉に影響を及ぼす可能性はわかるのだが、これまでとは明らかに違う、違和感、変化を感じたので少し心配である。ただ、診察の結果は結果なので受入れ、鼻の薬や咳止めの薬をもらって病院を後にした。

とにかく病院で先生に見てもらったわけなのだから、とにかく気を強く持ち、睡眠の質を保ちながら体の抵抗力を維持したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました