突兀(とつこつ)

高く突き出ているさま。高くそびえるさま。
「―たる両岸の岩山は」〈木下尚江良人の自白

<例文>
ただ、あの突兀として魁偉な山の頂に、夕日が照りつけて赤紫に輝いているのを眺めると、一種の恍惚に似た戦慄が背筋を奔るのである。・・・百(色川武大著)

タイトルとURLをコピーしました