私淑

[名](スル)《「孟子」離婁下の「子は私(ひそ)かにこれを人よりうけて淑(よし)とするなり」から》直接に教えは受けないが、ひそかにその人を師と考えて尊敬し、模範として学ぶこと。「私淑する小説家」

<例文>
私は読書によって「私淑する」という学び方が好きです。直接会ったことはなくても、師として仰ぎ、学ぶ…そのように素直に学ぶ心構えが「私淑する」関係にあるからです。・・・大人のための読書の全技術(斎藤孝)

タイトルとURLをコピーしました