福笑い (高橋優)

初めて聴いた時、歌詞に感動した。

カラオケで先輩が歌っていたのであるが、その先輩も別の人(別の先輩)が歌って好きになったとか。

その別の人(先輩)、というのが、この人が、と思うところがあって、それにもまた感動したのだ。

その人は静かででしゃばることがなく、でも心には熱い心を持った人だ。その人がこの曲が好きなんだと思って感動したのだ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる