福笑い (高橋優)

音楽
アーカイブ

初めて聴いた時、歌詞に感動した。

カラオケで先輩が歌っていたのであるが、その先輩も別の人(別の先輩)が歌って好きになったとか。

その別の人(先輩)、というのが、この人が、と思うところがあって、それにもまた感動したのだ。

その人は静かででしゃばることがなく、でも心には熱い心を持った人だ。その人がこの曲が好きなんだと思って感動したのだ。

高橋優 「福笑い」

コメント

タイトルとURLをコピーしました