甲子園決勝

高校野球甲子園、今日の決勝は残念ながら応援していた金足農業が大阪桐蔭に敗退した。

大阪桐蔭は高校日本代表クラスの選手がそろったいわば全国のスター選手を集めたようなチームで層が厚い。一方、金足農業のメンバーは皆、地元出身。まさに雑草軍団だ。

吉田投手は準決勝まで1人で投げ抜いてきた。疲労もたまっていて本調子ではなかったと思うが、本当に最後まで頑張ったと思う。

本人は悔しい気持ちで一杯だと思うが、是非、これを機会にさらに成長してもらいたい。三振をとった時に見せる清々しい笑顔をまた見たい。

菊池捕手はゲームセットで整列する直前、グラウンドで吉田投手から「今までありがとう」と声をかけられたという。野球に対する真摯な姿勢と一緒に戦ったメンバーへの感謝の気持ち。外からはわからないが、仲間との物語がたくさんあるだろう。

甲子園、そして秋田県を盛り上げてくれた金足農業高校に感謝したい。そして前評判通りの活躍を見せ、史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭を祝福したい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる