玉石混淆

すぐれたものと劣ったものが区別なく入り混じっていることのたとえ。宝玉と石ころが混じり合っている意から。▽「玉石」は宝玉と石。よいものと悪いもの、賢者と愚者などのたとえ。「混淆」はいろいろなものが入り混じること。「淆」は「交」とも書く。ぎょくせきこんこうと読む。

<例文>
玉石混淆かもしれませんが、多くの本が、「自分の本を読んでくれ」と、声を上げているような気がするのです。・・・大人のための読書の全技術(斎藤孝)

タイトルとURLをコピーしました