歯磨き粉

先日、アセスLという歯磨き粉を購入した。

以前、実家に帰省した際、歯医者にお勧めされた歯磨き粉だから使ってみたら、と言われ、実家に帰省する際は使っていた。

使ってみると歯茎が引き締まる印象があり、殺菌効果にすぐれた印象を勝手に思っており気に入っていたのだが、嫁さんは普通の歯磨き粉でいい、というので買わないでいたのだが、つい先日、あれば購入したいとずっと考えていた矢先にスーパーで見つけたので購入したのだ。

歯磨き粉も色々あって何を使うべきかわからない。コストパフォーマンスを考えてしまうが、歯は何よりも健康にとって大事だと思っていたので、歯医者に母親が勧められたというだけがきっかけではあるが購入した次第だ。

ただ自分も少し掘り下げて考えたくなる性格なので、少しかじった程度、というかただアセスLを販売している佐藤製薬のHPを見て調べただけなのだが紹介する。

アセスは日本で初めて天然ハーブ由来の歯周病薬だとのこと。アセスの開発にあたっては約200種類の植物性生薬(ハーブ)、3万検体の微生物試験を実施し、その結果、「止血」、「収れん」、「抗炎症」、「口臭除去」、「抗菌活性」にすぐれた素材としてカミツレ、ラタニア、ミルラという3種類のハーブを厳選しているそうだ。

また研磨剤を含まず、歯や歯肉を傷つけない、また基材として口内の清浄効果を高める炭酸水素ナトリウム(重曹)を配合しているところがポイントだとのこと。

佐藤製薬の宣伝をするはないのですが、結構、歯が引き締まってよい感じです。磨き方は歯磨き粉とは別にちゃんとしなければならないのでしょうが。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる