樹氷

今日は雪が降る中でスキー開始。長男、次男と一緒に滑るが次男は2回リフトを乗った時点で寒くてモチベーションが続かず休憩入り、長男とはリフトで上がれる最高地点まで行き、一緒に滑った。

一昨年、昨日で参加したスキー教室でコツを掴んだようで、スキー板を平行に滑らせることも上手にできるようになっている。とても頼もしい。

昼前からは全員で樹氷を見にロープウェーで地蔵山頂駅へ。ゴンドラから見える景色が上に上がる程変わってくる。それと同時に気温も下がり、冷えてくる。自分はスキーウェアのままなのでそこまで寒く感じなかったが妻と長女は寒がっていた。

頂上に着きゴンドラから降りた瞬間、冷たい風が吹き付け、明らかにこれまで経験したことのない体感温度を経験する…

気温は約マイナス10度。外に出ると強く風が吹いているからかもっと寒く感じる。写真を一瞬で撮ってサッと引き上げた。寒くて長いこと山頂にいては皆んな凍え死んでしまうと感じたからだ。

でも直接、樹氷を見るとその荘厳さにはとても惹かれるものがある。天気が良かったらまた見える景色も変わるかもしれないし、樹氷ライトアップも美しいに違いないと思う。

蔵王は来ればくるほどまだまだ深く旅行を楽しめる場所と感じた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる