極楽とんぼ

のんきに暮らしている者をからかっていう語。のんきに生活している者を極楽を飛ぶトンボのようなものと喩えた言葉である。

<例文>
それでも時折、年の瀬の夜半一人で銀座からぶらぶら歩いて常宿にむかう時、-極楽トンボはどこに行った?とつぶやくことがある。・・・大人の流儀(伊集院静 著)

目次
閉じる