朝夕鍛錬に励むことをいう。

宮本武蔵の『五輪書:ゴリンのショ』地之巻に記載されている。

<例文>
朝に武道に励み、夕べに四書五経をはじめとする古典に浸る。幼少期よりの朝鍛夕練の陶冶があって、あの書に結実したことは想像に難くない。・・・小さな人生論(藤尾秀昭 著)