朝方の苦悩

アーカイブ

朝5時くらいだろうか。別の部屋で寝ていた長女がお気に入りの人形と一緒にベッドに潜り込んできた。

少し覚醒気味の状態だったので、完全に眠りを覚まさせられたというわけではないのだが、その後、狭いベッドで暑苦しく2人で寝たため当然、寝不足気味。

睡眠不足なのでもう少し寝ようとベッドで悶々としていると今度は次男がセットした目覚まし時計の音が眠りを完全にシャットダウン。そして次男は起きない…

そんな状態で調子は芳しくないが1人朝食を取り、嫁さんの肩もみをして出勤。

さて今日はどこまで業務を前に進められるか。

17時までに帰らないと嫁さんの期限が悪くなるので時間との闘いだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました