暗黙知

<原理原則基礎技術>
暗黙知は従業員個人がこれまで経験して得た知識や実務から得た経験則をいわれ、個人の脳内に蓄積されていく。主観的な知識であり、周囲の人間に落とし込もうとしても捉え方は人により異なるため簡単ではない。

そこで必要なのが、「形式知」として紙や電子媒体にすることである。

その個人だけしか知らない情報や知識を明文化、仕組み化することによって形式知化する手法を「ナレッジマネジメント」と呼ばれるものである。

企業の生産性向上に役立ち、業務改革や業務向上につながる。

<課題>

 

 

タイトルとURLをコピーしました