擬態

動物が,周囲の事物やほかの動物によく似た形をもっていること。敵の攻撃を避けるのに役立つと思われる。小枝に似た尺取虫ナナフシ,木の葉に似たコノハチョウなど昆虫にその例が多い。またアリに似たクモや花びらに似たカマキリなどのように,攻撃に役立つと思われる態もある。しかし人間の目からみての解釈なので,実際にはその機能がどの程度働いているか不明の場合も少くない。
<例文>
動物の世界で擬態が進化したように、偽りは有効な生存戦略になり得る。・・・・日経ビジネス 2017.7.3
タイトルとURLをコピーしました