推挽(すいばん)

[名](スル)《「推」は車を押す、「挽・輓」は車を引く意》人を、ある地位や役職に推薦したり引き上げたりすること。「会員の総意で会長に―される」
[補説]春秋時代、衛国に反乱が起こり、王が国を脱出するとき、二人の弟が王をよく助けた。それを見た魯の臣が、あの二人の弟が車を後から押したり前から引いたりするようにして衛王を引っぱっているかぎり、衛王は帰国できるだろう、と語ったという「春秋左伝」襄公一四年に見える故事から。
<例文>
利家の妻のお松に泣きつかれて寧々が動いたらしい。敵側の有力武将をゆるしただけでなく、強引に百万石大名に推挽したのだ。・・・名参謀 黒田官兵衛(加野厚志 著)
目次
閉じる