技術伝承について

アーカイブ

技術伝承とは、特定の従業員が会得している熟練技術やノウハウを後継者に伝えて引き継ぐことです。これだけ聞けばシンプルな行為のようにも解釈できるが、技術といった複雑なものを誰かに継承するには、技術の形式知化や暗黙知の共有などさまざまな課題がある。

スムーズな技術伝承を行うには、特有の課題を把握しつつ、成功のポイントを知らなければならない。

技術伝承で共有される情報には、目に見える形式知と、言語化するのが難しい暗黙知があります。形式知は作業の手順やノウハウといった情報であり、マニュアル化して体系的に伝えることが可能である。

一方、技術には言葉だけでは伝えられない暗黙知の要素も数多く含まれている。こういった情報を着実に次世代に伝承していくためには、経営の問題として組織全体でコミットする必要がある。

製造業界において、技術伝承はそれほど進んでいないのが現状である。

技術伝承が進まない原因としては、その難しさが挙げられる。

高度な技術を伝承する場合、受け継ぐ技術者の側にも一定の技量が必要ですが、そのような立場にあるべき中堅技術者が不足しているという事情がある。

また、作業標準はあるものの、マニュアルや安全手順書といった表面的な内容に過ぎず、暗黙知の部分まで伝えられるような仕組みが整備されていないケースもある。

もうひとつの原因として挙げられるのが、環境の変化。働き方改革の流れの中、業務効率化の取り組みのもとに労働時間の削減が重視されるようになっている。

目の前の業務をこなすことで手一杯になってしまい、業務時間中に技術伝承や、そのための勉強に時間を割くのが難しくなっている。

技術伝承の流れは、団塊の世代が60歳を迎え始めた2007年頃から本格化し、多くの会社が伝承に取り組み始めました。しかし、実際にはさまざまな事情によってスムーズにいかず、状況が変わっていないケースも数多くある。

技術伝承で製造業の未来を守る|人材確保・育成方法
人材不足が深刻化する製造業において、技術伝承は今後ますます必要となります。しかし、実際にはうまくいっていない企業が多いのが現状です。製造業界で安定的に事業を継続するためには、技術伝承に関する課題を認識し、どのように進めていけばよいのかを知ることが重要です。本稿では製造業の技術伝承の課題と解決策について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました