戦端(せんたん)

戦いのいとぐち。「戦端を開く」

<例文>
その官兵衛が、みずから囮となって毛利軍を播州へとおびきだし、姫路城に籠城して戦端をひらくという。・・・名参謀 黒田官兵衛(加野厚志 著)

目次
閉じる