戒慎(かいしん)

戒めつつしむこと。 「向後注意ざるべからずと皆互に-せり/経国美談 竜渓

<例文>
いずれ誠の受用においては、見ざる所において戒慎し、聞かざる所において恐懼する所より手をくだすべし。・・・西郷南洲手抄言志録を読む(渡邉五郎三郎著)

タイトルとURLをコピーしました