愛のあいさつ (エルガー)

愛の挨拶、ピアノ曲も好きなのだが、やはりバイオリンが一番合う曲なのでは。

エドワード・エルガーが1888年に妻となるキャロライン・アリス・エルガー(結婚前はアリス・ロバーツ)との婚約記念に贈った楽曲。

今日の次男のピアノ発表会で先生方が演奏されているのを聴いて、改めていいな~と感じた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる