1 考えること。思考。「思惟の方法」「心中思惟」「貧乏を根治するの策は、一に貧民の所得を増加するにあるがごとく―す」〈河上肇・貧乏物語〉

2 哲学で、感覚・知覚と異なる知的精神作用。→思考

3 ⇒しゆい(思惟)1

<例文>
困難なこの時代を把握するための思惟の力が、ここに目覚めるに違いありません。・・・デカルト「方法序説」(山田弘明著)