心や道理には老少はない

アーカイブ

身には老少有れども、而(しか)も心には老少無し。気には老少有れども、而も理には老少無し。須らく能く老少無き心を執りて、以て老少無きの理を体すべし。

佐藤一斎の言志耋録の第283条にある言葉である。

人間には年寄りと少年の別はあっても、心には老少はない。気に老少があっても、道理に老少はない。ぜひ、年寄りだの若者だのということのない心をもって、老少のない道理を体得すべきである。

年を重ねただけでは人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。天命は死の直前まで尽きることはない気持ちを持って強く生きたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました