[名](スル)民法旧規定で、推定家督相続人の家督相続権を失わせること。→廃除(はいじょ)

<例文>
信長は、若いとき”うつけ(バカ)”とあざけられた。織田家中では、長男の彼は廃嫡して、次男を領主に立てよう、という動きもあった。でも、それは彼の仮の姿だった。・・・人生を愉しむ本音の生き方(川北義則著)