市井

《古く、中国で、井戸のある所に人が多く集まり、市が立ったところから》人が多く集まり住む所。まち。ちまた。

<例文>
対照的に挙げられるのが、高橋泥舟です。実際には、慶喜将軍の身辺を守り、江戸無血入城を、義弟山岡鉄舟を使って成功させながら、維新後も慶喜を守って顕職につかず、一生を市井に埋めて、義を貫いたその生き方は、心ある人々の崇敬の的となっていますが、時代が変わり、価値観が変わったと言われる今日でも、敬慕する人は跡を絶ちません。・・・西郷南洲手抄言志録を読む(渡邉五郎三郎著)

タイトルとURLをコピーしました