展示会の視察

昨日、今日と展示会の視察や研究発表会参加のため出張していた。

昨年も展示に来て思わされたのだが、業界での知識の狭さに反省させられた。

日ごろからもっと自己啓発しなければならないと感じる。競合他社や大学関係者、自治体等様々な方と触れ合う中で啓発し合うことが大切であると改めて感じる。一方、自社の技術をもっとよく知らなければならないことも痛感した。

基本的なことであろうが扱う製品、サービスが市場でどのような立ち位置にあり、自社、競合他社の状況と今後の方向性をつかまなければならないと感じる。

そのためには幅広い知識が求められる。自己啓発が業務の基本だ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる