大人のための読書の全技術

斎藤孝さんの読書の技術が書かれている本。

読むと読書するモチベーションがかなり高まる。多読なり精読なり、どんどんやって思考力を高めていきたいという気持ちでみなぎる。

斎藤さんは、現代は「意識的に自分自身をデザインし、ブランド化していく時代だ」と考えている。社会的に成功を収めている人々は、意識的に自分をデザインしていると。

まずその上で自分はどんな人間になりたいのか、どんな人生を送りたいのか。明確に目標を定め、それに向かって努力することによって、自分をデザインすることが可能になる、という。

確かにそのとおりだと思う。そして自分の人生や生活スタイルをデザインし、ブランド化していくためには以下の2つ絶対に必要なことがあるという。

①自分をデザインするやり方を先人に学ぶこと

②強烈なモチベーションを持つこと。

この2つをどこに求めればよいのか、それは本の世界であるという。

そして読書によって私淑する、すなわち直接に教えは受けないが、ひそかにその人を師と考えて尊敬し、模範として素直に学ぶ。

古今東西の偉人たちが残した本には、人生をデザインしていくためのヒントが詰まっている。

そして天才とか偉人と呼ばれている人は学ぶことがうまい。あるいは学ぶ情熱に溢れているので、実に多くのヒントをもらうことができる。

それに加えて、自分も頑張ろうというモチベーションまでも与えてくれる。

そして読書は思考力が鍛えられる。文字を追い、頭の中でその意味を咀嚼し、さらに自分の中へ変換していくプロセスが求められる。

人が持っている活字量は、基本的にその人の思考速度に比例する。という。

つまり思考速度が速いからこそ活字量が多くなる。そのため一定時間に発せられる言葉に込める「意味の含有率」が高くなる。

会話における言葉の意味の含有率を高めるには、読書が最適だと。

読書術が必要な理由は上述以外にもたくさん解説されている。そして読書のライフスタイルを確立するコツ、速読法、精読法、読書を武器にする方法など、わかりやすい言葉で解説されている。

読書を人生の糧とする上で必読の本である。

目次
閉じる