夢中になること

アーカイブ

これまでに夢中になったことは何だろうか。

小さい頃からの事を回想してみると小学生の頃はとにかくサッカーやドッチボール、野球、卓球など運動は得意だった。

また昆虫をつかまえるのが大好きだった。アリからクモ、カタツムリなど色々飼った。特にカタツムリは大きな左巻きマイマイを長いこと飼い、卵を産んだところを見て喜んだ。

中学校の時は小学から得意としていた卓球部に入り、それなりに活躍し、先生も練習試合に熱心に協力してもらい、また友人もたくさんできた。

高校では行きたい学校に行けたわけではなかったが勉学に励んだ。塾など行かずほぼ独学で伸び悩んだが、一人で考える時間は深く思考する訓練になった。

大学では高校で部活に行かなかった分、思い切りスポーツをしたい一心からアメフト部に入った。ケガもして苦しい時期もあったが、多くの仲間と切磋琢磨し合い、貴重な時間を共にすることができた。この時は体力に自信をつける一方で勉学はいまいちだった。部活でかなりの時間を費やし、勉学との両立はできたとは言い難い。

社会人に入ると今度はスポーツと仕事を両立しようと思うことはせず、仕事に溶け込みつつ自分の時間を作ることに注力した。

同期など新しい仲間もできたが、あまり和に極端に入らず、自分ひとりの時間を大切にした。会社はやはり自己実現する場として貴重である。新しい事を学べる楽しさと仕事によって貢献し、成果を出すことによる喜びを感じる経験を得た。

会社でも様々な人種と交わり、時にいやな事もあったり自信をなくす事もあったが総じて今の会社で十分、満足している。

ではこれから何に夢中になりたいだろうか。

・会社という場で自己実現を続けていきたい。
・大学に入り直し、様々な学問を新たに勉強したい。
・釣りやキャンプ等、子供たちとワクワクする楽しさを味わいたい。
・国内外の色々な場所に旅行に行き、刺激をうけたい。
・英語を学習し、そして活かしたい。
・卓球などスポーツをやり、試合にもでてみたい。
・たくさん本を読みたい。
・本を書いてみたい。
・塾を開いてみたい。あるいは会社を興してみたい。

色々あげてみたが、結構、これまでも楽しく過ごしてきたはずで、これからもやりたいことはたくさんある。

仕事や家事、育児に忙殺されるのは当然だが、夢中になりたいことを意識し、スケジュールを立てていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました