*ちそかいせい【地租改正】
明治維新めいじいしんのときに行われた土地課税方法かぜいほうほうの改革かいかく。

〔地租改正ちそかいせいの内容ないよう〕 明治めいじになっても,政府せいふの財源ざいげんの多くは農民のうみんがおさめる米にたよっていた。ところが,この租税そぜいは,地方によって税率ぜいりつがまちまちであり,また,おさめるものは米であったので,年によって収穫しゅうかくに多少の差さがあり,政府せいふの収入しゅうにゅうは不安定ふあんていであった。そこで政府せいふは国庫こっこ収入安定あんていのため,土地の所有者に地券ちけん(所有者の名前・面積めんせき・地価ちか・地租額ちそがくを記入した証書しょうしょ)を交付こうふして土地の所有権けんをみとめ,1873(明治めいじ6)年から地租改正ちそかいせいを行った。地租改正ちそかいせいは,

(1)米を現金げんきんにかえておさめさせる,

(2)課税かぜいの基準きじゅんを,収穫しゅうかく高から地価ちか(土地のねだん)にあらためる,

(3)税率ぜいりつを地価ちかの3%とし,土地の所有者に税ぜいをおさめさせる,

というものであった。

〔地租改正ちそかいせいの結果けっか〕 地租改正ちそかいせいによって政府せいふの財政収入ざいせいしゅうにゅうは安定したが,これまでより収入しゅうにゅうがへらないように地価ちかを高めに定めたので,税率ぜいりつは軽かるくならず,農民のうみんの負担ふたんは重かった。米を商人に買いたたかれ,村人が共同きょうどうで利用りようしていた入会いりあい地は官有かんゆう地とされ,生活に苦しむ農民のうみんの不満ふまんが高まった。各地かくちで地租改正ちそかいせい反対の一揆いっきがおこり,政府せいふは1877年に地租ちそを地価ちかの3%から2.5%に引きさげた。

地租改正ちそかいせいが始まる…人は涙なみだ(1873)の地租改正ちそかいせい