和して同ぜず

人と協調はするが、道理に外れたようなことや、主体性を失うようなことはしないということ。

<例文>
私は「和して同ぜず」という言葉を常に心に置いています。お互いに協調することが大事。しかし、道理に外れることに意を曲げて同町したり、言いなりになったりしてはいけない。・・・日経ビジネス2018.4.16

タイトルとURLをコピーしました