探究と哲学

周旋

1 売買・交渉などで、当事者間に立って世話をすること。とりもち。なかだち。斡旋 (あっせん) 。「下宿を周旋する」

2 事をとり行うために動きまわること。面倒をみること。

「生肉をな、一斤ばかり持参いたすんで、至極の正味を―いたいてくれ」〈魯文・安愚楽鍋〉

3 国際法上、国際紛争を平和的に解決するため、第三国が外部から紛争当事国の交渉をとりもって援助すること。

4 ぐるぐると回ること。めぐりあるくこと。周遊。

「ひろく所々を―して」〈洒・雑文穿袋〉

<例文>
「ございます。宇喜多氏に従える参謀は小西行長。すでにご存じでありましょうが、拙者とは同じ宗派の教徒にて。まず行長に周旋役を頼むつもりです」・・・名参謀 黒田官兵衛(加野厚志 著)

PAGETOP
Copyright © atsumachiのブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.