協力会社に感謝

今日は短納期でどこの業者にも断られていた試作品の製作に関して、昔、大変お世話になった協力会社さんがOKだしてくれた。

後工程もつかえていたので、遅延が大問題になる中、何とかしてくれたことに感謝。

その会社に10年以上ぶりに電話した際、電話を受け取った事務の方が覚えてくれていた感じ。

そしてこちらも声の調子から、事務の方が変わっていないことを実感する。

試験の工程は定めることができたので、今度は製品の審議に向け、きっちり自分なりに検討してコンカレントしていきたい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる