卒園式

先日、長女の卒園式があった。

今年はコロナ対策ということもあって、参加者は限られ、時間も短縮しての開催であった。

毎年であれば、年中さんによるお別れの歌の披露などもあったと思うが、不参加。

だが、長男、次男の時と違って子供の人数が20人弱と多いので、それなりの人が集まって式は始まった。

長女は卒園式のために髪を綺麗に結ってもらい、事前にかわいい服も準備していたので、格好はばっちりだ。

自分は謝辞を担当していたので、少し緊張はしていたが、無事に終えてほっとした。

謝辞では長女が声がいつものパパの声と違うと言って、しゃべっている途中で笑い始めたので隣の子供達も笑いこげ、少し戸惑ったのだが、先生方はしっかり聞き入っていたので笑うわけにはいかず、最後まで真剣に話をした。

謝辞を準備する過程では、過去の謝辞を先生から事前にもらっていたおかげで、大方の構成はならい、自分なりにアレンジして書いてみたつもりだ。

ママからの指摘を受け修正して完成した内容は、読み終えた後に、他の保護者の方から、「良かった~」と言われたので、安心した。

今年はコロナの影響もあって在宅勤務ができたので、長女を保育園に送り迎えすることも多かったのが、それはそれでよかったと思う。保育園は長男の時から約10年間程はお世話になっていた。

園と保護者との結びつきも強く、都会にありながら事あるごとに外へ連れ出してくれた。コマ回しや竹馬等を経験させてもらい、野菜作りやお菓子つくり、世界の料理など、食育も色々工夫してくれた。

保育園には恵まれていたと思う。長女の保護者の結束は固く、皆で助け合う、楽しみを共有するといったことが、このコロナ禍の中でもできたことは大きい。

今度は長女は小学生になる。

ランドセルを背負う長女を見るのが楽しみだ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

会社員。技術職。3児の父、共働き、単身赴任2年目。
技術士取得を目指す。
趣味は釣り、音楽鑑賞、読書、スポーツ(特に野球、サッカー、卓球、アメフト)、筋トレ、ブログ。
日常のたわごとから家族のこと、仕事のこと、書評、そして好きな音楽を紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる