半グレ”(はんグレ[1])とは、「暴力団に所属せずに犯罪を繰り返す集団」を指す語[2]。“半グレ集団”とも[3]。語源は「グレる」の“グレ”であり「愚連隊」の“グレ”であり、またの中間にあたる灰色の“グレー”、「グレーゾーン」の“グレ”[4]。暴力団に詳しいジャーナリスト・溝口敦の命名とされている[5]。語の初出は同ジャーナリスト著『ヤクザ崩壊』(2011年・講談社[6]