劇付随音楽「ロザムンデ」より間奏曲第3番(シューベルト)

音楽
アーカイブ

劇付随音楽「ロザムンデ」より間奏曲第3番。

昔、コンサートでこの曲を聴いた時、その時にはよかったな、くらいの感想だったのだが、メロディーが後から何度も思い出され、後になってよい曲だと感慨深くなったのである。

女流作者シェジーの『キプロス島の女王ロザムンデ』(現在は脚本が失われ上演することができない)のために書かれた10曲と、序曲の作曲が間にあわないため以前ほかのオペラのために作られた《魔法の竪琴》序曲が充てられ、これらを総称して劇付随音楽「ロザムンデ」といわれるようになった。

劇付随音楽「ロザムンデ」より 間奏曲第3番

コメント

タイトルとURLをコピーしました