出張先での1日、そしてまた移動

アーカイブ

朝6時前に目が覚めたが、だいたい6時間弱の睡眠では頭の働きが悪く1日を台無しにすることが分かっていたので2度寝し、7時半起床。

今日は実家近くで仕事があり、朝も時間に余裕があったので父親に車で送ってもらった。

今日の業務は正直、個人的には生産的な業務ではないが、現場現物という意味では必ずしも意味がないわけではない。

直接、協力会社に会う機会を設けることで後々の仕事や生活に幅を効かせることはできるのは間違いない。一緒に働いた協力会社の面々は若く、自分に気を使ってくれるのだけれど若い上に経験も浅く、判断や指示に迷うこともあるのだろう、右往左往して中々効率的に進められないような節もあったが、個々人は素晴らしく人間ができている。

自分はその場では客先の立場であったので細かく指示を出す立場になかったのだが、できるだけ仕事を前に進めることができるよう、配慮しながら立ち振る舞ったつもりである。

あまりに自分が客のように振る舞わなくフランクに接するので先方も遠慮したのかもしれない。ただ昼ご飯もご一緒させてもらいラーメン屋に行ったし、最後は次の出張先である鹿児島へ行くため、最寄りの駅付近まで車で送ってもらい、大変感謝している。

おもしろいと感じたのは、それぞれ味がでていたところだ。協力会社の若手は3人いたが、1人は製造管理担当。彼は製品品質管理において抜かりがなく、やらなければならないことをきっちりやり切って終わらせる。もう1人は検査担当。彼は製造管理の担当がラーメン屋の駐車場が空いていない時、近くの閉まっていた会館の駐車場に止めたのだがラーメン屋の駐車場が空くとすかさず面倒臭がらず、ラーメン屋の駐車場に車を移した。だが製造管理のことはわからず作業においては判断に迷う。もう1人は女性社員で派遣さんなのだが周りをみて指示されたこと以外でも気づいたことをやろうとしていた。そして女性がいることでぎすぎす感をなくす役割も果たしてくれていた。

ちなみに今日、お昼にラーメン屋のラーメンはとてもおいしい。魚介系のラーメンだがスープの種類がさんまやとびうお等色々あってつけ麺かどうかも選べる。昨年も一度食べたのだがかなりおいしいラーメンだった。

そして鹿児島へ向かう新幹線で移動中、ゆっくり本も読むことができた。たまにはこうしたゆっくり考える時間も大事だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました